ちんぎすかん

TOP絵大大募集中!!

いびり殺したお嫁さんの祟りで次々と不幸に見舞われる家



8: 名無しの心子知らず 2010/06/12 16:18:42 ID:h8EqDMIa
 
いびり殺されたお嫁さんのたたりで、住んだ人が次々と不幸になるという家を
親が相続した。当時私は失業してひとりで小さい子3人抱えていたので
家賃タダの家は夢の家、そこへ住むことにした。

古い農家だけあって古くてごちゃごちゃしたものがたくさんあった。
使えそうなものはより分けて、なんだか分からんようなものは
とりあえず一部屋にまとめておいた。

ある日外から帰ってきたら、家の周りに人が集まっていたので事情を聞くと
「あなたが留守のあいだに近所の人が子連れで泥棒に入り、車に古いものを
積み込んで盗んでいったが、帰りに交通事故を起こして入院した」と聞かされた。

このスレ的にはいかんのだが結局いい条件で示談してまとまった。
偶然だかなんだか、私はいびり殺されたお嫁さんの親戚、泥ママはお姑さんと
親戚だそうで、お嫁さんの仇討ち+子孫である私にお金を持たせてくれたって
ことで地元では話がまとまっている。


12: 名無しの心子知らず 2010/06/12 16:50:55 ID:eGkGdvwL

>私はいびり殺されたお嫁さんの親戚
てことは親もお嫁さん側の親戚だよね
夫側でなくお嫁さん側の親族が相続ってちょっと不思議
いびり殺されたってことはお嫁さんは少なくとも姑たちよりは先に死んだんだよね?


14: 名無しの心子知らず 2010/06/12 16:57:37 ID:DIT9nsZB

>>12
夫側の親戚が住んでたが次々に死んでったんで
誰も相続する人間いなくなったんじゃね?


18: 名無しの心子知らず 2010/06/12 17:18:04 ID:eGkGdvwL

嫁が先に死んじゃったら夫の遺産は嫁側にはいっさい渡らないからな…

>嫁方の家を姑が我が物顔に使ってた
法的にはこれが一番納得できる
家つき娘をいびり殺したとすると「家」はさぞ激しく祟ることじゃろうて


35: 名無しの心子知らず 2010/06/13 12:24:32 ID:JCd/0i8d

>>18
子供がいたら相続発生するよ。

嫁→いびり殺される
子供→嫁側に引き取られる
問題の家→全員たたりで若死にし、本家筋では相続するものがいなくなる。

で、姑側親族が我が物顔で出入りしていた件は
姑→息子の順で死んだ場合、姑実家筋には相続の権利は一切ないが、
田舎の場合は親戚同士が近所に住んでて関係が入り組んでいることが
多いので
「あそこの家はもともとウチのもの」みたいな勘違いの言い伝えを
真に受けたドキュンな子孫が泥になって入り込んで泥した、と考えるのが正解かな?


17: 8 2010/06/12 17:06:06 ID:h8EqDMIa

>>12
3人亡くなったところで、嫁側の家(うち)が買取ったとか向こうが押し付けたとか
いろんな話を聞いてる。どれがほんとかよくわからない。


11: 名無しの心子知らず 2010/06/12 16:33:00 ID:gMGPMHUx

因果応報って本当にあるんだな~


19: 名無しの心子知らず 2010/06/12 17:21:55 ID:Incr5H+I

どっとはらい


引用元: 【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ104【万引】

スポンサーサイト




[ 2014/01/02 00:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

凄く悪い物に取り憑かれ、死を覚悟した俺・・・そのとき猫が





727: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 12:32:05.81 ID:VSUbTuFNO

昔の話なんだけど
俺の家計って元々霊感強いのね
だから普通は見えない物やほんの少し先の未来が見えたりすんだわ
まぁ実際修行やらなんやらしたわけじゃなし
もちろん力をコントロールできたりしないわけでまるでなんの役にたたんのだけど
でさ~その頃色々運が悪かったのね
木から落ちて手首折ったりで体調もすこぶる悪かったのさ
疲れてんのかな~なんて思ってた
で、しばらく学校を休んで療養する事に
でもいくら休んでも体調が悪くなるばかりで遂に寝たきりになってしまったんだわ
(で、最初に書いたがうちの家系は霊感が強いんだが特にばあちゃん(故人
が強かったんだわ)
ある時そんな自分を心配したばあちゃんが家に見舞いに来てくれたんだ


728: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 12:55:08.19 ID:VSUbTuFNO

ところが家に入るなりばあちゃんが「○○!○○!」って猛ダッシュして俺の部屋に入ってきたんだわ
そして「いっ生きてる~」って泣くわけ家族全員唖然…
俺は「大袈裟だよ~」なんて言ってたっけな
ばあちゃんの説明によると
①俺は何か良くない物を連れてきたらしい
②このままでは俺は死ぬらしい
③「良くない物」はまだ本気じゃないが本気になると人間なんかすぐ殺せるらしい

ばあちゃんはそれらを説明すると手際よく俺の部屋や家中に塩を配置すると
荷物をまとめて「知り合いにすごく強い霊能者が何人かいるので協力を要請する」
と言い残して帰って行った
俺は不思議と怖くなかった今までも同じような事はあった
でも今回は今までとは比にならないくらいの霊障
にも関わらず怖くなかった「諦め」「悟り」あまりに絶望的な状況だったからか
逆に冷静だったんだろうな
俺は、ふといつもうちの庭にご飯を所望しに来てくださっていた「猫」の事を思い出した


730: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 13:15:01.06 ID:VSUbTuFNO

あー…しまった…しばらく行ってなかったからいないだろうな
そう思いながらもおぼつかない足取りで庭に向かう俺
すると、いたんだよね猫が
お別れの挨拶に来てくださったのか…俺は涙を流しながら猫を抱かせていただいた
猫は何か言いたそうな目をしていた
「来てくれてありがとう」 と、猫に別れを告げ背を向けた瞬間!
猫は一直線に俺の部屋に入って行った
「親に怒られるから…ごめんね」と言って帰そうとしても猫は頑なに動かず寄り添ってきた
「ああ~もうこんな事ないんだろうな~暖かいなあ」
なんて思い、根負け(?)した俺は猫を部屋に泊める事にしたんだ


731: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 13:44:29.51 ID:VSUbTuFNO

その日は猫に今までのお礼と感謝を伝える
そんな感じでいつの間にか寝てしまっていた
…体が重い…外が騒がしい…台風か?今何時なのだろう?
俺は騒々しさと重苦しさで目を覚ました
すると…目の前に青汁い光を放つ巨大な顔が
そして部屋の中に竜巻が…なんていうかこの世の終わりみたいな感じだったよ
「うっひゃあおっふぅいっwww死んだwww(^q^)」って半ば気が狂う俺
顔は何を言っているかわからないが禍々しい言語(?)を発していた
すると…なんと!光り輝く猫のようなものがその顔に突進し貫いた!
(それは、まさにストツーのベガのようなモーションだったが間違いなくあの猫だった…)
その瞬間、辺りは強い光に包まれた


732: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 14:03:57.39 ID:VSUbTuFNO

気がつくと俺はベッドで横になっていた。「猫!猫は!」俺は飛び起きると辺りを探索した
しかし猫は見つからなかった
「まさか…」俺は号泣した

次の日の朝、俺は嘘のように体調が回復していた。仲間を引き連れてやってきたばあちゃんは目を丸くしていたっけな(藁)
で、俺は昼間何かに導かれるかのように庭に出た
そこにはまるで虎のように凛々しい姿の猫がいた「ご機嫌いかが?飯はまだかにゃ?」と、「猫」が言った気がした
その猫は今完全に家の猫になっています

終わり


733: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 14:38:20.36 ID:eBZXkN3t0

>>727おつ
けろっとしてる猫様つぇええええ


737: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 19:43:26.64 ID:wcsyFOTO0

>>732
ぬこタソつえぇwww回復して良かったのう


738: 本当にあった怖い名無し 2013/11/13(水) 21:49:34.16 ID:VSUbTuFNO

読みづらい文章でしかも長いのに読んでいただけて素直に嬉しいです(T_T)


引用元: 猫に関する不思議な話 14





[ 2013/12/30 09:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

猫を利用するだけ利用して見捨てた島民に罰が当たる



847: 本当にあった怖い名無し 2011/01/05 03:33:29 ID:q8byIHEB0

昔、静岡県熱海市初島に農業開発するのに邪魔なネズミ取りのために猫が解き放たれた。
そして今では農業ではなく観光事業に方向転換された。
昔、解き放たれた猫は今では野良猫化し、そこら中にいる。
誰も餌をやらず、中には虐待する島民もいた。
熱海市はこの問題に無関心。数度の動物保護団体の抗議で餌場を設けただけであった。
※痩せほつれた猫が問題になり、今では動物保護団体が島から猫を回収した。

問題はここから。
この熱海市初島は人口が非常に少ない。離島という事もあり、年々減っている。
そして何よりもここの住民は「猫背」が非常に多いのだ。
セムシ(弓状に湾曲する病気)もいる。
ここの住民は猫に祟られてると言われている。


848: 本当にあった怖い名無し 2011/01/05 15:23:02 ID:0sSIGrQF0

猫をいじめたら必ず罰が当たります

猫可愛いよ猫


引用元: 猫に関する不思議な話し。





[ 2013/11/22 07:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

VIVA!猫!OPA!





689: 本当にあった怖い名無し 2010/12/28 02:42:52 ID:XEVNnR3XP

俺の親は俺を捨てた。
俺は捨て猫をもらったが、そいつを再び捨てようとは思わなかった。
以来ずっと20年、こいつはいつも俺の帰りを待って甘えてくる。
家族が増えても、こいつの一番は俺らしい。

俺にとって、この世で一番大切なのは
誰が何と言おうとこの猫だ。
人と違って猫は絶対裏切らない。


693: 本当にあった怖い名無し 2010/12/28 15:52:36 ID:1l5ccSECO

小学生の時にパパが猫を拾ってきた
それまでペットはハムスターしか飼ったことがなく
子猫だけど噛まれたり引っ掻かれたりするんじゃないかと
最初は怖くて触れなかった
でも子猫は本当に可愛くて
子猫はだんだんうちに慣れてきて私に甘えてきたり
足に体をすりすりと絡めてきたりして
私はもうこの子は家族というより友達のように接していた

嫌なことも嬉しいことも好きな人のことも
全部この子は聞いてくれてるような気がしてた

中学生で私は苛められ不登校になり家に居る頻度があがった
人間のバカップルみたいに毎日ベタベタ甘え甘えられ一緒に寝た
学校のことで泣いているとこの子はいつの間にか私の傍でちょこんと座っていた

泣きつかれ布団に入ると猫も入ってきて一緒に寝た

私のことを誰よりも知っていて誰よりも解ってくれる小さな猫さんも
いまではもう10歳
長生きしてね


714: 本当にあった怖い名無し 2010/12/30 13:27:25 ID:zxLiVfkL0

猫は幽体離脱も異次元への移動も自在らしい。
よって肉体の死というものがあっても魂はすぐに呼べば戻ってきてくれるはず。
猫が飼い主に愛着があればね。
ちなみに猫のうらみはすごいらしい。
猫殺せば自分も地獄に沈む。


引用元: 猫に関する不思議な話し。





[ 2013/11/21 07:18 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

猫を虐待する地主が受けた報い





660: 本当にあった怖い名無し 2010/12/24 02:58:02 ID:e7elt+xH0

猫の祟りみたいな話はないのかな?


662: 本当にあった怖い名無し 2010/12/24 14:12:45 ID:8Zk+WLBL0

>>660
ちょっと違うかもしれないけど。
もううずいぶん前で休刊になった雑誌に、当時よくマスコミに出ていた獣医さんが書いていた話。

獣医さんのところに猫が持ち込まれて、なんと両前足が切られていたそう。
猫は何とか治ったし、前足が途中からなくても暮らせるようになったけど、
獣医さんが怒って誰がこんなことを!と言ったら、地主のオヤジがやったとのこと。
しかも初めてじゃない。
大地主で誰も何もいえないけど、猫を連れてきた女性も憤慨していた。

そうしたらある風の強い日、なぜか地主のオヤジのかつらがとんだ。
何でかつらが飛ぶようなはめになったんだかわからないが、
とにかくかつらを追いかけて、オヤジは転んだ。
そうしたらちょうど手をついたところに、オヤジの娘が運転する車が突っ込んだ。
オヤジの両手は、自分が猫にしたのと同じことになった。

その獣医さんはこれは祟りというより、人間、いや生きている者同士として
やってはいけないことをした報いだと信じていると書いていた。
心温まる話とは逆の話で、ごめんね。


667: 本当にあった怖い名無し 2010/12/24 18:33:45 ID:QZi6NZvF0

>>662
因果応報… 若しくは周囲の怒りの意識が作用したのか。
悪意を持って成す事象は己に返ってくる。
まさにこの板ならではのお話だね。
地主のオヤジさん、相手の(猫の)気持ちを考えて反省しただろうか。


663: 本当にあった怖い名無し 2010/12/24 14:28:48 ID:u8UVci6b0

動物好きとしては許せん話だと思ったけど、ちゃんとオチがあって良かった
動物たちは人間の良きパートナーなのだ


引用元: 猫に関する不思議な話し。





[ 2013/11/20 07:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

猫の集会って何やってるの?





52: 本当にあった怖い名無し 2010/09/22 10:32:12 ID:dsy7KGqO0

深夜2時くらいに団地奥にある空き地で猫の大集会を見た。
猫の多い地域だから今までも夜中の集会は何度も見てるんだけど・・
茶トラのボスの異常な巨大さと参加猫の多さに恐怖を感じた。
見つかったらヤバそうなので生垣の隙間から覗いてたが
あの異様な雰囲気はなんだろう・・?
天変地異でも起こるのか?


54: 本当にあった怖い名無し 2010/09/22 16:16:11 ID:Eg4CUGJXP

>>52 じゃましないで下さいのオーラ >異様な雰囲気


55: 本当にあった怖い名無し 2010/09/22 18:40:42 ID:j7XmH71k0

>>52
猫の集会って結局のところ何なんだろうね。
一か所に集まって、しばらく経ったら解散・・・とかミステリアス過ぎる。


53: 本当にあった怖い名無し 2010/09/22 12:29:43 ID:4DmB6s4T0

ごみ袋に掛けてあるネットについての真剣な協議。


56: 本当にあった怖い名無し 2010/09/23 13:21:10 ID:sO/HhiXV0

猫の集会に利益関係者(人間界の縄張りを持つ地域住民)としてオブザーバー参加したいんだけど、誰に申し込めばよいの?


57: 本当にあった怖い名無し 2010/09/23 13:34:13 ID:mvkvqmE7P

>>56
なでたり、かまったりせずに、集会の脇の方で、そっと佇んでいてください。
立ったままじゃなくて、しゃがんでいてくれると、怖くなくて、良いです。
飲食物の持ち込みは、お断りしています。
集会が終わったら、適宜、各自が帰宅して散会となります。
いつまでも一人で、取り残されていることのないように、気をつけてください。


59: 本当にあった怖い名無し 2010/09/24 21:24:29 ID:xomgT5qJ0

猫の集会の参加許可もらいました
近所でも有名な巨大ボス猫さんに直談判したら、今夜来い、と

しかも、私のために特別ゲストを多数呼んでくれるそうです
ボス猫さんも私の参加をとても喜んでくれて、別れ際には嬉しそうに爪を研いでいました

なるべく軽装で金属製品は外すこと、体にバターを塗っておくこと、と言われているので用意しないと

今夜は満月集会で特別ゲストも含め特にたくさんの猫さんが集まってくるそうですから、楽しみです


60: 本当にあった怖い名無し 2010/09/24 22:18:53 ID:LANKJBQ/0

>>59
楽しんでこいよ


61: 本当にあった怖い名無し 2010/09/24 22:57:44 ID:FQT9o/Wv0

>>59
今夜は冷えるから厚着して行ってこい


62: 本当にあった怖い名無し 2010/09/24 23:46:26 ID:9Osdx0zL0

集会の内容くわしく知りたいよーw


63: 本当にあった怖い名無し 2010/09/24 23:53:47 ID:RqzsZomo0

バター塗ったら舐めてもらう様に裸で来いって事だろ


64: 本当にあった怖い名無し 2010/09/25 00:02:15 ID:qVU2ybAvO

最後は塩を塗されるんですね、何と言う注文の多い料理店。


引用元: 猫に関する不思議な話し。





[ 2013/11/15 09:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

猫をとっても可愛がってるお婆さんが末期ガンになりました



34: 本当にあった怖い名無し 2010/09/16 18:49:50 ID:F8LuZrGF0

猫をとっても可愛がってるお婆さんがいたそうだ。
そのお婆さんが末期ガンになり本人も家族も、もう
助からないものと諦めていたある日、入院中のお婆
さんの夢に飼い猫が出て来て人間の言葉で「お別れ
に来ました」と言ったのだそうだ。目が覚めたお婆
さんは「今日辺りお迎えが来る」と思った。しかし
その日の検査で主治医は唖然とした。ガン細胞が
綺麗サッパリ消えていたのだ。知らせを聞いた家族
も駆け付け皆で大喜びした後、家族が帰宅してみると
飼い猫は死んでいた。獣医に見せたところ死因は
末期ガンとの事だった。その知らせを聞いたお婆さん
は「お別れに来ました」の真意を悟って泣いたと言う。


35: 本当にあった怖い名無し 2010/09/16 18:56:11 ID:2Wo48/MP0

>>34
全俺が泣いた


37: 本当にあった怖い名無し 2010/09/16 19:44:50 ID:O/SW2UkHO

>>34涙腺崩壊したわ


36: 本当にあった怖い名無し 2010/09/16 19:43:44 ID:B5U9R7CH0

改行の仕方に縦読みを探してしまう俺が居る


41: 本当にあった怖い名無し 2010/09/18 06:36:13 ID:7FL5POhO0

猫ってどんな夢見るんだろう


42: 本当にあった怖い名無し 2010/09/19 13:18:53 ID:jsno2TRY0

飼い主が末期ガンになるんだけど身代わりで自分が末期ガンになって死に
飼い主の末期ガンが消滅してしまう奇跡を起こして
「ありがとう~」と家族全員に見送られ感謝される夢


引用元: 猫に関する不思議な話し。





[ 2013/11/13 09:18 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

猫をいじめ殺した子供の家、不幸続きの果てに7代で滅ぶ



490: 本当にあった名無し 2009/05/11(月) 15:42:18 ID:5NQ9JxBy0

小さい頃、栃木のド田の祖父の家に住んでた。
じいちゃんと一緒に散歩してる時にうちの家系に伝わって
いる祟りの話をきいた。
それから猫が飼えなくなった。ごめんよ本当にごめんよ‥ぬこ。


494: 本当にあった怖い名無し 2009/05/11(月) 19:07:20 ID:gD06vgna0

>>490
詳しく


498: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12(火) 10:07:24 ID:TmALmDU80

>>490 ちょ、ネコの祟りって何があったの?
話題だけふっておいて逃げんな~


499: 本当にあった名無し 2009/05/12(火) 15:19:17 ID:MoB/dE7z0

>>490だけど話振り逃げごめんね>>494>>498

ぬこ大好き人は読まないほうがいいかも
これが、俺が聞いたうちの家系の猫の祟りの話。

むかし男の子が、正月で使う餅つきの臼が出したままになっていたので
その臼ときぬで遊んでいた。
なにか他に楽しいことは無いかなと考えた時、たまたま家の前によく太った
ぬこが寝そべってた。
子どもは嫌がるぬこを無理やり臼に入れて
興味本意で‥臼を使ってねこをきぬで潰したと‥。

その猫は埋められもしないで、ただ山に捨てられた。
親はその事をまったく知るはずも無く。それからしばらくして男の子の容態が
急に悪くなり。人が変わったようになり夜中にうめきちらす。
あまりにも不審に感じた親は、拝み屋を呼んで
話を聞くと猫の霊が降りてきたらしいんだ

それは母猫で。

もうすぐ生まれそうだったのに‥産みたかった、産みたかった、許さない
許さない口惜しい。呪ってやるおまえたちを7代先まで必ず呪ってやる。
それから子供が不自然死をしたり、幼い子がバタバタなくなったり‥
もっとあるんですが割愛。


510: 本当にあった怖い名無し 2009/05/13(水) 12:29:39 ID:5QYA0boNO

>>499
そのぬこを潰した臼&杵のその後が気になる。


513: 本当にあった怖い名無し 2009/05/13(水) 15:20:59 ID:bvFeeP4f0

>>510
>親はその事をまったく知るはずも無く。
しばらくはその臼と杵で餅とかついてたんじゃないのか?


511: 本当にあった怖い名無し 2009/05/13(水) 13:16:46 ID:6tsgtcwo0

>>499 そりゃウツな事だったろう。お話あんがとね。
そういう場合今後、動物や昆虫に対し殺生せずに優しくすると
運が上向くから、じいちゃんの話も教訓のお触れだったのかもね。
2chソースの話で信憑性無くてスマナイが


500: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12(火) 18:26:19 ID:eIfkEc9RO

今何代目?
猫は飼いたくてもそもそも縁がないかもな
しかし猫をつくか…orz


514: 本当にあった名無し 2009/05/13(水) 15:28:42 ID:ro/Pw+/a0

>>500>>510>>511
その後臼がどうなったかは聞けなかった。
一応供養はしたのだろうか‥
猫や蛇は動物のなかでも、特に嫉妬深く覚えてて
後々まで祟るから絶対に酷いことはするなってじいちゃんがいつも
言ってたな。いま7代目。本当に7代で途絶えるよ。
じいちゃんが6代目なんどけど、じいいちゃんの息子(叔父さん)
がやっとできた男の子だったからそれはもう可愛がってたらしい。
でも、あとあと段々おかしくなって。なんでも
小さい時に受けたワクチンが源因で、心臓が十五分も止まった後の遺症で
脳に障害がの残って、成長するにたがっていきなり倒れる、癲癇で普通の生活
ができなくなって暴力も振るいだしたみたい。
ばあちゃんは本当は悪くないのに何でこんなふうにしたんだって
散々責めて責めて暴力ふるって。おばあちゃんも全国の病院必死で歩きまわってなんとか
治してあげたかったみたいで。だけどじいちゃんもばあちゃんを責めて‥
散々責められ全部自分の責任だと思いつめてたおばあちゃんは自殺。
しかも農薬で散々苦しみながら‥。今叔父さんは閉鎖病棟にいるよ。

実話だけど暗い話でごめんね。

本当に7代目で家系が終わる、やっぱり因果かなって思っちゃうよ。
ほかにも家にはまじないとか色々伝わっていてじいちゃんが教えてくれたな‥


501: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12(火) 18:36:33 ID:5ECNXL2SO

こどもって残酷な子はすごく残酷だもんなぁ…
理由は聞かなかったけど、うちの爺も猫に憑かれたらしいし、猫こえー
もふもふにゃんにゃん肉球マジこえー


502: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12(火) 19:55:36 ID:Sw4fR1lFO

猫をついて殺し、山に捨てる子供に育てた親御さんが怖い。


518: 本当にあった怖い名無し 2009/05/13(水) 23:22:11 ID:Jh6BhP1K0

本家終了


引用元: 【因縁】家系にまつわるオカルト9代目【遺伝】





[ 2013/11/11 09:21 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

子供の頃、地底世界へ行った



984: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 13:11:07.34 ID:Cos6/Vvm0

小学校低学年の1年か2年の頃の話
山に囲まれた田舎に住んでたんだけど、
学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんがおれに話しかけてきた
知らない人にはついていってはいけないと言われてたけど、
何かその人たち普通と違うというか、どこかで見た事がある感じ
懐かしくて惹きつけるものを感じて話を聞いた
地底の世界に遊びに行ってみないかな?と誘われた
おれはなんて答えたか覚えてないのだが付いていった
学校の帰り道からそう離れてない所だったと思うのだが、
リニアモーターカーのように空中を走る電車のような乗り物に乗せられた
トンネルのような穴から入り、それは地球の内部に入っていった
乗り物の先頭に座らせてもらい地底の様子をワクワクして見ていた
地底は大きなアリの巣のようにトンネルが幾重にも
交差したり分かれ道があったり、複雑な交通網が出来ていた
乗り物はタイヤも無く、宙を走り、トンネルの壁に全く当たる事も無かった
地底内部にも所々信号のようなものもあり、他にも似たような乗り物が走っていた
初めて見る光景ばかりなので、相当興奮してたように思う
あっと言う間に地底の世界についた


985: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 13:12:25.06 ID:Cos6/Vvm0

田舎にすんでたおれもビックリするぐらい自然が豊富な場所で
乗り物の停車する駅のような所は人工的だったが、それ以外は大自然そのままだった
その駅も金ピカに光っていた
塗りたくった色というより壁全体から放射しているように見えた
植物がどれも異様に大きく原始時代の地球みたいに思えた
ビックリしたのが黄金で出来たトウモロコシがなってた事だった
おれはそこですごく大きな人を見た
おれの父さんや母さんよりずっとずっと大きかった
その人も体全体が光り輝いていて神様のようだった
その人に呼ばれておれは連れてこられたらしい
いろいろと話をしたはずなのだけど何を話したのかほとんど覚えていない
ただおれのことを生まれた時からずっとこれからも観察していく
おれが大きくなったらまた会う時が来る
その時まで一生懸命生きて欲しいというような事を話してくれた
帰ってきてその日おきた事を両親に報告したのだが、
あまり真剣には受け取ってくれなくてガッカリした
翌日帰り道にその乗り物のあった場所を記憶を頼りに探したのだが見つける事は出来なかった
現実に返って一生懸命思い起こすのだけど昨日の体験はいったい何だったのか理解ができなかった
ただあのとき連れてってくれたおばさんとはまた数年後、
全然別の場所で会うことになるとはこの時は思いもしなかった


987: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 15:35:22.23 ID:Cos6/Vvm0

それから日は経ち小学校四年頃だったかな
夏休み家族(父母おれ妹)で旅行に行った
場所は知らないんだけど長野県とかそっちの方だと思う
高原で少し高度が高い自然公園みたいなとこ
簡素なアトラクションもあり小さな遊園地みたいな所だった
父さんは妹とペアを組みアトラクションに夢中になっていて
母さんとおれのペアも遊んでいたのだが、母さんは疲れてベンチで休憩していた
そんなに広い遊園地じゃないし、おれは一人ブラブラしていた
またあの時と同じ感覚(前触れと言うか第六感かなにかで来た事を感じる)を感じた
まるで誘導されるかのように人通りの少ないその場所に来た
あの時のおばさん(子供のおれにとってはおばさんだが実際は二十歳前後の人かもしれん)が
もう一人の女の人を連れてやってきた
上手く表現できないのだが、見た目は地球人なのだが人間を越えた優しさに包まれた人だった
おれはその人を見た時に一目で本当の母親だということを思い出した
懐かしさで一杯になった


988: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 15:36:50.44 ID:Cos6/Vvm0

めちゃ長いのである程度簡略して話すと
おれは元々の地球人ではなく、その人と同じ星で生活していたのだが
地球はこれから大変な変革期を迎えていて、そのためにおれは地球に送りこまれた
もちろん地球人として地球人の母親から産まれ、肉体的には完全な地球人として、
その役目を無事終えるためにやってきた
(肉体としては今の母親から生まれたのだが、霊としてはおれは地球人とは違うらしい)
もちろんおれだけじゃなく相当数の宇宙人の魂をもった者が
地球人として送り込まれているというような事を教わった
おれはそんな話よりその本当の母親に会えた事が嬉しくて、わんわん泣いた
そしてその時も「これからもあなたを近くから見ています、次はあなたが大きくなって
やるべき事を完了したころに会う事になります、淋しいでしょうが私たちは近くで見ています、
地球で生きる事はあなたにとって大変なことでしょうが、頑張って下さい」
みたいなことを言われ一方的に別れを告げられた
おれは今の家族捨ててもいいから連れて行ってほしいと祈願した
それほどこの人の事を慕っていたのだ
だがそれは叶わぬ夢、笑顔で黙って笑ってるだけだった
彼女達が消えた後おれは元の場所に泣きながら戻ったのだが
さっきまでの輝く人を見た後に、今の家族の輝きの無さにガックリして戻された現実にさらに泣けた
前回のこともあり、おれが経験した不思議な事は親にも話さないようになった
帰りの車の中でも子供ながらどう捉えればいいのか考えていた


989: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 15:42:38.36 ID:EXSqYgcl0

えっと、地底人が宇宙人を連れてきたってこと?
地底人も一応地球人なんだよね?


990: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 15:48:51.07 ID:Cos6/Vvm0

地底人と宇宙人の関連性はわからない
地底であった人は地球に住んでる以上地球人だろうけど、
迎えに来たおじさんとおばさんは多分地底人ではないと思う
地底人は比べ物にならないくらいに背が高かったから


991: 本当にあった怖い名無し 2012/10/02(火) 16:01:24.54 ID:EXSqYgcl0


よく解らないが、宇宙人は地底の地球人とは普通に接触しているが
地上の地球人とはコンタクトしないし、地上に影響を与えたいなら転生しないと駄目っぽいね
なんでだろう?


994: 本当にあった怖い名無し 2012/10/03(水) 02:14:43.74 ID:FIHy9aYS0

地球はそういう仕様だからだよ
地底世界というのも現世に生きている人間がいう意味でのリアルな意味での地底世界かどうかは怪しい
幽界に近いものである可能性も高い
その場合は後から探しに行っても見つかるはずがない
この次元に重なる様にして存在するものにこの感覚器官でとらえられるものかどうかというと普通は無理だから
この世界は見たままの世界ではない


引用元: 子供の頃の不思議な体験





[ 2013/10/21 21:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)

「ダメッ!、そこはダメ!」 「それは見ちゃダメッ!ダメーーーー!!」



878: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 22:35:52.95 ID:H4Lv9juG0

読みにくかったらスマン

私はある日いとこの家に遊びに来ていました。
いとこの家族には20過ぎの娘と7歳ごろの娘がいました。
この20過ぎの娘は霊感が強いらしく自分の部屋にさまざまなプラモデルや人形を置くことで自分なりに霊を静めていたようです。
私がたまたまその子の部屋に入り、その子が自分のベッドに座る前で談笑をしながら人形を物色していたときです。


879: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 22:39:54.74 ID:H4Lv9juG0

続き

なんとなく気になった私は人形の置いてある棚の下の方にある編み込み細工でできた引き出しを開けました。
「ダメッ!、そこはダメ!」
その子は必死に止めましたがどうせたいしたことのない隠し事だろうと思い私は引き出しを開けました。
すると中から一枚のファックス用紙が裏向けで出てきました。


880: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 22:42:58.13 ID:H4Lv9juG0

続き

「それは見ちゃダメッ!ダメーーーー!!」
そう叫びながら上の子は部屋から逃げるように出て行きました。
私はそんなに見られたくないものなら手を掴んででもとめればいいのにとケラケラ笑いながら紙を裏返しました。
その紙には何かの書類のようなものが印刷されていました。


881: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 23:02:14.05 ID:H4Lv9juG0

続き

ですがそれが何かは確認が出来ませんでした。見た瞬間、私の視界がおかしくなったからです。
それまでは普通に見えていたものが急に紙を一度しわくちゃに丸めてから広げたようなしわだらけの見え方をしています。
そのことにびっくりした私は部屋を出て、居間にいるいとこ達の元へと向かいました。


882: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 23:04:32.28 ID:H4Lv9juG0

続き

「お、おいOO、なんかよくわからんが急に視界が変に………」
「ひ、ひゃあああああーーーーー!!」
いとこの上の娘が叫びました。
瞬間私の背中に何か刃物で切りつけられたような衝撃があり私は倒れそうになった体を必死で起こし、よろよろとした態勢のまま後ろを見ました。


883: 本当にあった怖い名無し 2012/10/18(木) 23:07:27.24 ID:H4Lv9juG0

続き

すると私に向かって切りつけてくるボロボロの黒衣を纏ったものに左のふくらはぎを斜めに切られました。
そのままそこに倒れこんだ私は何とか体を起こしつつ壁に寄りかかる体制でヤツを見ました。
「父さん、おじさんの前に向かって殴りかかって!」
上の子が叫びました。


884: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 06:26:41.75 ID:HdM/i8Sg0

続き

それを聞いたいとこが即座にその空間に殴りかかるとヤツは少しよろけましたが、すぐにいとこを左手の武器で袈裟切りにしました。
「ぐわああああぁぁぁぁぁ!!!」
いとこはそう叫びながらもヤツに蹴りを入れながら倒れました。


885: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 06:33:58.74 ID:HdM/i8Sg0

続き

ヤツの右手には刃渡りのあるナイフ、左手にはショーテルの外側がノコギリのようになった武器を持っていました。
わたしは気が動転しながらもいとこが切られたという怒りに不意に体が動き、ヤツの顔面めがけて殴りかかりました。
これがクリーンヒットしたのかヤツは右手に持ったナイフを落とし、大きくよろけました。


886: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 06:36:37.68 ID:HdM/i8Sg0

続き

そこにすかさずヤツのナイフを拾い、逆袈裟で切りかかりました。
するとヤツはその場に倒れ陰に溶け込むように消えました。私の視界も同時に元に戻りました。
いとこは大丈夫かと駆け寄って近づくといとこには何一つ傷口も血も見当たりませんでした。


887: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 06:42:07.14 ID:HdM/i8Sg0

続き

おかしいと思い自分の傷口も触ってみましたが確かに傷口はなく、残ったのは切られたときの衝撃のみでした。
上の子は私が子の部屋まで持ってきたあのファックス用紙を中身を見ずにくしゃくしゃに丸めるとマンションのベランダから投げ捨てました。


888: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 06:58:29.10 ID:HdM/i8Sg0

続き

みんなは今のはなんだったんだとお互い話していましたが私と上の子以外にはなにやら黒い影としか見えていなかったらしく、私は自分が幻でも見たのかと思いました。
やっとのことで体を起こしたいとこが先程切られたはずのところをさすっていましたが手をついている右手に何かが当っているのを見つけました。
「なんだこれ?」


889: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:01:44.10 ID:HdM/i8Sg0

続き

それは先程の丸まった紙で、手に取ったいとこが紙を広げるのを私たちが止める間もなくまたそいつは現れました。
「う、うわああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
いとこはひどく狼狽し、上の子以外の家族と一斉に壁際まで後ずさりしました。


890: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:03:21.09 ID:HdM/i8Sg0

続き

今度は私には影にしか見えませんがいとこにははっきりと見えているようで、ひたすら後ずさりをしています。
「おじさん!そいつを殺して!」
私は先程と同じ要領だと思い影でもギリギリ見えるヤツの両腕に掴みかかり、ナイフとノコギリショーテルを落とさせるとそれを両手にヤツに切りかかりました。


891: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:05:39.68 ID:HdM/i8Sg0

続き

すると先程までは影しか見えていなかったはずのヤツがくっきりと見えてきて、私はいっそう力を込め右、腕左腕、胴体を切り落とし、未だ見えきっていない顔と胸部に切りかかります。
徐々に顔の部分がはっきりしてくると私は驚きました。
ヤツの顔はガラスを細かく砕いたかのようなしわくちゃな顔で目や鼻、口も何もありませんがなぜか私にはこれが女だということがわかりました。


892: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:08:19.60 ID:HdM/i8Sg0

続き

そして私にははっきりと聞こえました。
「ヴヴ、ヴヴvォvォオオオオオ!!!!ゴロゼ!ゴロゼヨヴォオオオオ!!!!!!」
恐怖は感じましたがさっき上の子が言った「殺して!」が気になり私はヤツに両の武器を突き立てトドメを刺しました。


893: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:11:34.78 ID:HdM/i8Sg0

続き

またヤツは影に溶け込むように消えていきました。
怖くなった私たちはその紙を丸めたままコンロで焼き、ベランダから捨てました。
上の子曰く、あれは知り合いの友人に送られてきたファックスで同じような目にあった人たちが霊感のある彼女に何とか鎮めてもらうようによこしてきた物だといっていました。


894: 本当にあった怖い名無し 2012/10/19(金) 07:14:30.67 ID:HdM/i8Sg0

続き

それ以来私はいとこの家には行っていませんが、いとこ曰くそれ以来奇妙なことは起こってはないようです。
あれは何だったのでしょうか?

細切れでスマンかった


引用元: 心霊体験・不思議な夢を書き込むスレ8





[ 2013/10/20 21:00 ] 怖い・不思議 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ハーン

Author:ハーン
FC2ブログへようこそ!

当ブログはリンクフリーです。 また相互リンク・相互RSS 随時募集中です。 相互RSSなしの相互リンクのみでもOKです。 希望される方は下記メールフォームよりご連絡ください。 トップ絵も大募集中です!どなたか恵んでやってください・・・
最新記事
2chまとめ
検索フォーム
人気ページランキング
リアルタイム市況
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング






にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ