ちんぎすかん

TOP絵大大募集中!!

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

船戸与一は面白いぜ!



ya_prof_pict.jpg  


1: ウィスキー・ジョー 2002/03/07 09:47:00

船戸氏の作品について語りましょう


13: 無名草子さん 2002/03/14 23:02:00

マジで最高~大好きな作家ベスト3には、入ってます。
 でも、女性にはウケないだろーな。
自分の中では、猛き箱船が最高でした。  


15: 無名草子さん 2002/03/14 23:13:00

寝る前の1-2時間 バーボン片手に読んでます。
冒険小説マンセー!
女には 解らないダンディズムが そこにはアル!


154: 無名草子さん 2002/11/27 08:07:00

さて、俺も>>15さんにならって寝床に入りながら、久しぶりに
船戸を読んで見るとするか。


16: 無名草子さん 2002/03/14 23:23:00

読んでみたいのですが、どの作品がオススメでしょうか?


17: 無名草子さん 2002/03/15 00:57:00

>>16
だ~か~ら~、猛き箱船だよん!
漏れ11で字間違えてるけどな。はは。
一番最初の章がはじめは訳分からんが、
我慢して読むこった。


18: 無名草子さん 2002/03/15 01:53:00

海燕ホテル・ブルー

主人公がなんか情けない
今までの船戸作品とちょっと違う


19: 箱舟はもちろんいい 2002/03/15 02:31:00

俺はあれだね
「砂のクロニクル」かっこよかったなあ
特におわりがよかった
希望とかはないけど


20: 無名草子さん 2002/03/17 07:10:00

最近は日本を舞台にした作品が多くなってきたね


21: 無名草子さん 2002/03/21 08:54:00

「龍神町龍神十三番地」
読み終わった
ようわからん話でした
主人公はお約束のごとく死亡


28: 無名草子さん 2002/03/26 14:20:00

シャ・・・シャヒ~ナ ハァハァ


29: 無名草子さん 2002/03/26 18:29:00

グリズリーと呼ばれてます


34: ハジ 2002/04/12 20:02:00

「山猫の夏」を読むと
カイピリンガだっけ?(うろ覚えだけど
どんな酒なんだろ

飲んだことあるヤシいる?


36: 無名草子さん 2002/04/22 12:44:00

カニ悔い猿のフーガ&夜のオデッセイア。
好きやねん。


42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2002/05/20 15:27:00

「船戸与一を知らない? 死んで欲しいと思う」

ってまでは言わなくても「猛き方舟」「山猫の夏」
ぐらいは面白いから読んで損はない。
つーか読め。


43: 無名草子さん 2002/05/23 01:11:00

「猛き箱舟」、隠岐が自分の妻を
子供の介護青年に情けなく寝取られて、
じわじわなぶり殺していくのが笑えた。


44:   2002/05/25 01:35:00

今、丁度「砂のクロニカル」読み返していたところでした。
未読の方にはオススメします。ちなみに新潮文庫、上下巻。
帯に著者の顔写真が出てるんですが、佐藤蛾次郎(←字、うろ覚え)に似てる
というのは失礼ですか?


45: 無名草子さん 2002/06/20 00:34:00

スレ落ちるの早いなー!なんで?人気無いの?面白い小説書くのに。
イマイチ垢抜けない印象があるのか?ハードボイルドとか冒険小説とかって
時代の潮流に合ってないのかなぁ。
「砂のクロニカル」「新宿・夏の死」オススメです。
特に後者は外国を舞台にする著作が多い船戸作品には異質。しかも短編集。お試しあれ。


46: 無名草子さん 2002/06/28 21:55:00

ロングピース、一日80本吸うらしい


48: 無名草子さん 2002/07/01 06:47:00

砂のクロニクルを読み終えました。
あまりの面白さに、ほとんど一気に読んだのですが
ラストが切なすぎですね。
次は、猛き箱船を読むぞー。下関西高校マンセー。


54: 無名草子さん 2002/07/11 01:39:00

 船戸与一好き~~♪
26才女です。
女性ファンってやっぱり少ないのかなぁ。
ファンの私でも、女友達には薦めにくいかなっておもってしまう(苦笑)
良さを分かってもらえなかったら悲しいし。
初めに読んだのは「血と夢」
現在は、本棚一段、船戸与一になっています。

・・・って書いて、「血と夢」をちょっと読もうかと思ったら、あれ?無い!?
お気に入りでどっか違う場所に置いたかなぁー。どこだ~~!!(T_T)


55: 54 2002/07/13 13:07:00

 レス無しで寂しいです。
今は、「かくも短き眠り」を読んでます~。


56: B37 ◆lPJpzlnU 2002/07/13 13:49:00

>55
「夜のオデッセィア」は読んだ?船戸作品で一番キュートで好きだ。
あれを読んだあと一週間くらいとても幸せな気持ちになれたなあ。


57: 55 2002/07/13 20:09:00

>>56
 読みましたよ~。
ウィスキー・ジョーとブランデー・ジョー♪でしょ?


58: 無名草子さん 2002/07/13 22:04:00

「伝説なき地」
プロローグとエピローグ逆にして読んでも
いいかも。


63: 無名草子さん 2002/07/20 20:55:00

虹の谷の五月,俺は好き。
彼の小説は面白いんだけど、思い入れの強いキャラが必ず死ぬかなんかで救いがないんだよね。
だからラストは以外だったけどすごく良かった。

でも一番好きなのはやっぱ砂のクロニクル。


67: 無名草子さん 2002/07/24 08:03:00

2,30代の男の読むものというイメージがあるが、偏見かしら。


68: 64 2002/07/25 05:36:00

3作品漫画化されてるから高校生ぐらいスタートじゃないか。
たしか「猛き~」「オデッセイアノ夜」「山猫」がマンガ化されてます。
ただし「猛き~」「山猫」はかなり原作を省略、ラストの変更をしているので要注。
ちなみに俺は漫画で船戸を知りました。


69:     2002/07/25 07:25:00

現状に不満をもつ馬鹿男が読む本。
役立たずのサラリーマン、学生が多い。 


70: ホセ・マンガハス 2002/07/25 12:08:00

>>69
現状に不満持たない奴なんて居るかよ。
そんな連中は思考停止しているだけだぜ。
まあ、お前もそんな一人なんだろうけどな。


71: 無名草子さん 2002/07/26 00:11:00

>>69
女も読みますが。


73: 無名草子さん 2002/07/30 23:22:00

現在砂クロ読んでますが難しくないですか?
挫折しそうなんですが最後まで読んだ方がいいでしょうか?

 過去に読んだ船戸作品
1.伝説なき地 (初めて読んだ作品。ラストでみんな死んで鬱だった。)
2.かくも短き眠り 
3.猛き箱舟 (衝撃的)
4.午後の行商人 (個人的にけっこう好き)
5.新宿夏の死 (短編。日本が舞台で違和感があった)
6.緑の底の底 (短編。あまり覚えてない)
7.カルナヴァル戦記 (短編。ほとんど覚えてない)
8.炎流れる彼方 (疲れた)
9.虹の谷の五月 (主人公が弱い。おもしろかったけど、なんか煮え切らない感じがした)


75: 64 2002/07/31 05:33:00

「砂クロ」はたしか日本人武器密輸商人の話でしたよね。
分からないなりに読み続ければラストは感動ですよ。
船戸ベスト作品の一つだと思うけどなぁ。


77: 2002/08/03 04:17:00

チェチェンのイスラム武装勢力に元自衛官が義勇兵として参加してる

のがニュースになってるようですが、まさに船戸与一を地で行ってるようだ…


78: 無名草子さん 2002/08/09 12:56:00

な、長すぎる!


83: 無名草子さん 2002/08/12 01:50:00

やれやれ、やっと盆休みで本を読む時間ができたんだけど、「海燕ホテル・ブルー」
読んでて三回もヌいちゃたーよ。
SEX描写、ガッてはまるんだもん、オレに。
他にもいろいろヌかせてもろたけど、読んでる途中にヌいた女(登場人物)が死んだり
したら萎えるとともにへこみます。


86: キララ 2002/08/15 17:41:00

「猛き箱舟」、読了!
確かに船戸さんの本の中でも衝撃的し凄いと思うけど、
娯楽(趣味の読書は楽しくなければ。)としてはどうかなー。
上下巻合わせていったい何人死んだよ?


95: 浮浪雲 2002/08/30 03:51:00

「山猫の夏」読了。上下巻2日で一気読み。堪能。
若造が、謎めいていて頼れるオヤジに惹かれて戦乱に突っ込んで行くのは「猛き箱舟」
と同じですね。「猛き箱舟」と「砂のクロニカル」みなさんドッチが好き?
俺「砂のクロニカル」。ドッチも好きだけど。


98: 無名草子さん 2002/09/04 02:39:00

猛き箱舟かなぁ。「かくも短き眠り」が94年頃?新聞連載してて初めて船戸さんを知って
以来,ハマってしまった。最初に出会った船戸作品として印象深い。
猛き箱舟や、砂のクロニクルの面白さには匹敵しないがラストの壊れ具合とかが
個人的に好き。


105: 無名草子さん 2002/09/10 03:04:00

確かに、あのリアリティーはもの凄いな。
船戸の本は、キャラの行動云々は無しにして、
説得力のある設定だとは思う。


108: 無名草子さん 2002/09/15 01:51:00

『緋色の時代』読んだけど、何かネジがはずれた感じで面白かった。
日本人の相棒の内務局員が帽子をぬぐたびにいちいち「チェルノブイリ原発事故の
影響によるハゲ頭」とか書くんで笑えた。


114: 無名草子さん 2002/09/26 20:54:00

「砂のクロニクル」で出会い、
徳間文庫収録のわりと古いのも読み…
ここ2~3年はご無沙汰だけど、
けっこう好きです。
福田和也の「作家の値打ち」で、
ものすごい低い評価を付けられていたね。
僕は船戸の本も、福田の本も好きなので、
複雑な心境です。


117: 無名草子さん 2002/10/07 17:06:00

船戸と大沢在昌の対談『エンパラ』読んだ人いる?
あれにはっきり書いてあるよ。船戸自身は自分の書いた作品を
誰かにけなされたい、と冗談半分で言ってるね。
それを見た福田和也が、、てことはないか。


395: 無名草子さん 2003/09/25 04:47:00

昔のリトルモアに北方と福田の対談が載ってました
その中で福田は船戸作品の欠点として

1 キャラクターが類似的
2 話の筋がほとんど同じ

を上げてました。福田は小説のバラエティー重視するので
特に2が許せないらしいです


120: 無名草子さん 2002/10/07 23:49:00

貧乏人と少数民族以外は全部悪人か卑劣漢という構図には、たしかに
人間観のかけらもないけどね。点数つけれねえよな、たしかに。
それでも面白いというか、それだからこそ面白いというか。


594: 無名草子さん 2004/06/01 01:38:00

船戸与一には福田和也を論で破るんではなくて
ぜひ暴力で対抗してほしい


116: 無名草子さん 2002/10/04 00:19:00

今日、『猛き箱舟』『砂のクロニクル』買いますた。
これから読みます。
南米3部作しか読んでないから楽しみ。


121: 無名草子さん 2002/10/12 10:01:00

10年程前のはなし。
当時大学の後期試験真っ最中で、明日は絶対おとせない試験があった。
その単位落としたら留年が決まるわけで・・。

しかし、そん時漏れは猛き箱舟を読み始めていたわけで・・。

ああ、もちろん留年したさ、続きが気になって試験勉強なんてできるわけ
ねえじゃん。(w

ここ7,8年船戸作品読んでなかったんだけど、このスレみてたら読みたく
なったよ。
とりあえず砂のクロニカルからせめてみるわ。


123: 無名草子さん 2002/10/31 01:12:00

どうでもいいけど、クロニカルって間違いが何でこんなに多発しとるんだ?


127: 無名草子さん 2002/11/17 14:44:00

蝦夷地別件あまり評判良くない?
こんなすごい小説は無い。最後は胸がきゅうーと締めつけられる。
読了後は一週間ぐらいショックだった。


128: 無名草子さん 2002/11/17 17:38:00

>>127
あんまり好きな舞台設定ではなかったので読み始めるまでは
それほど期待してなかったけど、ちょっと読み進んでからは
めちゃくちゃはまったよ。
船戸作品では好きな作品ベスト3に入るな。


192: 無名草子さん 2002/12/26 21:16:00

俺が一番好きなのは「神話の果て」だな。
あと、「山猫の夏」のラストは色々異論がありそうだけど、
俺は好きだな。


193: 無名草子さん 2002/12/26 21:50:00

山猫かっこいいよね。ちんちんでかいし。


195: 無名草子さん 2003/01/01 23:06:00

「神話の果て」か。あれはとくに暗い話だよな。
私の名はラポーラ、だっけ。

南米ものなら「山猫の夏」が一番好きだ。船戸一冊目だから、なおさらかも。


197: 無名草子さん 2003/01/08 09:46:00

このあいだピンガを買ってきますた


198: 無名草子さん 2003/01/08 22:56:00

>>197
カイピリンガをもらおうか。
砂糖を抜いてレモンを多めにな。

つーか本当にそっちの方がうまいぞ。


200: ハジ 2003/01/14 23:20:00

反アメリカ史を読むべし。


201: ルセロ 2003/01/16 02:46:00

俺の船戸作品ランキング
1位 蟹喰猿フーガ
2位 砂のクロニクル
3位 猛き箱船
4位 夜のオッデセイア
5位 山猫の夏
6位 神話の果て
7位 炎流れる彼方に
8位 群狼の島
9位 血と夢
10位 蝦夷地別件


203: 無名草子さん 2003/01/16 18:20:00

このスレをのぞく向きは、「国家と犯罪」は読んでいないか?
冒険小説ではないが。ダライラマ14世へのインタビュー、
キューバのリポート・・・etc、おもしろいゾ。


210: ハジ 2003/01/23 02:38:00

船戸のアメリカものって、ブラックパンサ-、ネイションオブイスラム、ウェザ-マンといってアメリカの反体制のことを知ってるとさらに面白くなるよ。


216: 無名草子さん 2003/02/04 13:37:00

うまくいえないんだけどさ
この人の作品って
会話のシーンで
相手に啖呵切ったりするときにフルネームでやるよね
「ふざけるんじゃねえ!!○○○・○○○!!」
みたいな感じ
こいいうシーンすごい好きなだけどさ
英語圏では自然につかわれるものなの?


217:   2003/02/07 12:56:00

目的語や名詞を抜いて、相手に後から聞かせる会話パターンも
よく使うよね。


220: パンサー 2003/02/14 22:16:00

1年位前のサピオに、船戸の西イリアン辺りのルポが掲載されていた。
そのときの船戸の写真は激痩せぶりは凄かった。
高血圧で糖尿で通風だったらしいから、症状が悪化している可能性がある。
心配なので、誰か情報を持っている人はレスしてくれたまえ。


221: 無名草子さん 2003/02/14 22:57:00

いや、むしろ意識して痩せたのだと思われ。
糖尿や痛風は聞いてないけど、高脂血症なのは確か。
なので数値が悪くなると、時々ダイエットする模様。
まあ、そのつどちゃんと痩せられるのは偉いけどね。


222: パンサー 2003/02/15 10:30:00

あ、そうなんだ。レス多謝!
以前深夜+1で飲んでいたら、酔っ払った陳先生が「ヤツは通風で糖尿だから取材で海外行くのは大変よ。
まぁしかし、兎に角、箱舟が一番なんだよ」としきりに言ってたのを思い出すよ。


226: 無名草子さん 2003/02/27 17:22:00

山猫の夏の主人公って名前出てきたっけ??


227: 02 2003/03/04 01:45:00

主人公は別にヘタレなので、どんな名前でもかまわんが。
山猫は本名 弓削一徳。


231: 無名草子さん 2003/03/22 11:13:00

私も砂のクロニクルを読んで一気にハマりました!
蛮賊ども、血と夢、祖国よ友よ、群狼の島、今は炎流れる彼方に、
を読んでます。サイコー次何読もうかな?


232: 無名草子さん 2003/03/22 12:40:00

>>231
南米三部作


238: 無名草子さん 2003/03/24 22:29:00

ラストで感動するとかはないな。
衝撃を受ける。


254: fugue 2003/04/18 02:49:00

SAPIOって、右翼、保守反動のオヤジが読む雑誌というイメージがあるけれど、
船戸のおっちゃんも連載してたんだよね。その連載が『国家と犯罪』になった
わけだけれど、オヤジという以外には共通点無しの、全く正反対のベクトルの
内容。


264: 無名草子さん 2003/05/30 02:26:00

初期の頃のはほとんど読んだ。
漏れの中で、ハズレがない作家の1人(なのに最近のは読んでない…)。
最初に読んだのが「夜のオデッセイア」で、とにかくハマった。
しばらくあの世界から抜け出せなかったよ。大好き。
あとは「血と夢」「非合法員」とか。


266: 無名草子さん 2003/06/05 21:03:00

「炎流れる彼方に」ラッキーの「過去も未来もない俺はどうすればいい?」ってのが、実際にその年齢になって独身だったりすると凄く我が身のこととして実感する。


267: 無名草子さん 2003/06/15 06:47:00

>>266
脱サラして外国へ放浪の旅に出て
のたれ死にましょう。


322: 無名草子さん 2003/07/25 03:08:00

それよりああいう風体の船戸本人をテレビに出していいのか。
本当にテレビに出てたのか?
茶の間引いてなかったか?


327: 無名草子さん 2003/07/26 10:58:00

>>322
失礼 では…?


340: 無名草子さん 2003/07/29 02:22:00

船戸与一描く物語のメイン背景は、権威主義的な体制と、その抑圧に
喘ぐマイノリティー、疎外者の反逆(船戸の言うところの「叛史」)
でしょう。(だから左系知識人がこぞってマンセーする。)メインの
物語自体は、日本社会をはみ出し放浪する日本人が主人公の場合が多
く、虐げられし人民の闘争みたいなものは直接には本筋に関わってこ
ない場合が多いけれども、それでも主眼は背景にある闘争を描くこと
にある。主人公はその周辺を放浪する語り部(「外史」)にすぎない。

第三世界の国が舞台に選ばれるのは、そういうテーマがよく合うから。
平和な現代日本社会は、そういう話にはあまり向かないだけのこと。
過去の日本であれば、アイヌと開国間近の江戸幕府の対立を扱った
『蝦夷地別件』がある。また、最近の短編に、日本の長引く不況のお
かげで台頭しだしている民族主義者の外国人排斥を描いたものもある。
まぁ日本が本格的に船戸の描くような話の舞台になったら、もう日本
という国自体が終わってるに等しいでしょう。イラン人とか在日朝鮮
人、中国人が武装蜂起するようになったら、娯楽に小説読んでる余裕
などない。

本当に船戸与一が何を描こうとしているのかを知りたいなら、他の小
説読むよりも、ルポタージュの『叛アメリカ史』を読むのが一番でしょ
う(注:豊浦志朗は船戸の別の筆名)。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480023100/ref=sr_ap
s_b_/249-3494239-1855540


341: 無名草子さん 2003/07/29 02:35:00

『午後の行商人』であれば、サパティスタ民族解放軍絡みの話。
http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/2000/gyosho.html

船戸作品で政治背景の描写が一番前面に出てるのは、『砂のクロニクル』
でしょうね。船戸にしては珍しく日本人は完全に隅に追いやられて、闘争
に直接関わっているイラン人、クルド人の若者が主人公になっている。


371: 無名草子さん 2003/08/07 03:46:00

猛き箱舟読了
船戸与一の小説の読後感って、すさまじーな
次は、山猫に挑戦しまっす


390: 無名草子さん 2003/09/06 13:15:00

最近のはちょっと理屈というか理念に傾いてしまっているような気がする。
ま、それはそれで面白いんだけれども。


391: 無名草子さん 2003/09/07 10:09:00

10数年中東、南米で仕事をしてますが、船戸氏の本は現地での愛読書となってます。
誰かが現地の実情とかけ離れてると言ってますが、南米に関してはわりと現状に
即してると思います。

皆さん何のかんのと書いてますが、要はおもしろければそれでいいのでは。
理屈なんかいらんのです。

因みに「非合法員」がおすすめです。


409: 無名草子さん 2003/10/21 17:12:00

虹の谷の五月で
エロ神父に調教されて
どんどん仕草が女の子っぽくなっていく
美少年レオン君にハアハアしたのって僕だけでしょうか?

あの神父はもっと物語に関わってくるのかと思っていたけど
あっけなかった…


411: 無名草子さん 2003/10/31 16:34:00

船戸与一は
「喉の渇きを覚えた」
「胸のうちを乾いた風が吹き抜けた」
って表現がやたら好きですよね。
俺はこの表現を見ると「キタ━(゚∀゚)━ !!!!!」とひとり喜んでるよw


412: 無名草子さん 2003/11/02 02:51:00

同フレーズ使いまわし過多の
船戸ワールドではそれぞれに
キタ━(゚∀゚)━ !!!!!のツボがあるのではないかな?

自分は【密殺】と【何でよ?】にキター!ってなる


414: 無名草子さん 2003/11/02 07:41:00

「腹の上を泳ぐ」キタ━(゚∀゚)━ !!!!!

日本の小説は船戸しか読まないんだけど一般的な表現なのかな?


415: 無名草子さん 2003/11/03 20:27:00

「目で頷いた」でキタ━(゚∀゚)━ !!!!!
いつもどうやるんだと悩んでます・・・


418: 無名草子さん 2003/11/09 02:56:00

>>415
「ああ、異論はないぜっ」
ていう感じの含みのない視線を相手に向けて、数秒間固定する…という
のでは?

「バックミラーに蠅が止まってる」キタ━(゚∀゚)━ !!!!!
とは言っても読んだ限りでは2作品でしか使いまわされてなかったけど


419: 無名草子さん 2003/11/09 10:43:00

バレーボールを見ているのだが
トルコの選手が
おっぱいの形がはっきりし過ぎて
乳首立ちまくりなので
家族で見てて非常に気まずい。
どうしたらいいでしょうか。


425: 無名草子さん 2003/11/10 05:21:00

「(風景描写のあとに)だが、それがどうしたっていうんだ?」
キタ━(゚∀゚)━ !!!!!

この手法は大変よく使われていますがどういう効果を狙ってるのでしょうか?


622: 無名草子さん 2004/06/20 10:31:00

男はやっぱり、いい女の腹で泳ぎたいよな。


428: 無名草子さん 2003/11/16 04:20:00

さいとう・たかをセレクション BESTofゴルゴ13に
インタビューと外浦吾郎名義の脚本全作品一覧が出てました。

死者の唄 SP28
行方不明のH氏 SP29
氷結海峡,アサシン暗殺教団 SP30
落日の死影,ハワード・ヒューズ氏の息子,レイプ数え唄 SP31
戦艦ヨークシャーの反乱 SP33
三匹の女豹 SP34
独裁者の晩餐 SP35
チチカカ湖はどしゃぶり,おろしや間諜伝説 SP36
チャイナ・タウン SP37
タンブル・ウィード,タラントゥーラ 舞踏蜘蛛,鬼畜の宴 SP38
陽気な狙撃者,TOUCH DOWN SP40
アカプルコ-散華の夜 SP41
モンゴルの鷹,神の手 ラ・マニョ・ディアス SP44
トリポリの埋葬,SP45
B&Cクラブ会員死す,SP46
ビハインド・ザ・プレジデント,SP48
ロペン監獄島,SP50
橋は崩れた,毛沢東の遺言 SP51
ズドロナス・マリヨ SP53


430: 無名草子さん 2003/11/18 11:38:00

>>428
おおっ
ゴルゴの原作を書いていたとはしらなんだ
しかも「毛沢東の遺言」なんて名作の1つでしょ

BEST of ゴルゴ 買ってこよう


432: 無名草子さん 2003/12/03 09:08:00

船戸がおもしろすぎて眠れません、どうしたらいいですか?


433: 無名草子さん 2003/12/04 00:56:00

>>432
寝るな!


434: 無名草子さん 2003/12/05 18:07:00

>>432
そのまま読めよw
次に読むのも船戸にしな。
と言うと男はマッチを擦ってタバコの先に持っていった


435: 無名草子さん 2003/12/11 19:56:00

只今、「夢は 荒地を」を熟読中
睡眠薬代わりに読んでるので
3歩進んで2歩下がってます・・・
船戸ワールドはやっぱいいねぇ


438: 無名草子さん 2003/12/18 23:23:00

砂のクロニクル以降はほとんど読破し、以前の作品もかなり読んでいた
のに、なぜか「猛き箱船」だけ読んでなかった。
んで、さっき読了。

これを読まずに「船戸が好き」なんて言っていた自分が恥ずかしい。
血腥さがプンプンする船戸の世界に久々に圧倒されました。
特に後半(文庫の下巻)はすさまじすぎる。
最後は期待にたがわず…(メール欄)
やっぱ船戸はすごい。


441: 無名草子さん 2003/12/24 22:21:00

「砂のクロニクル」が好きなら「蝦夷地別件」は楽しめると思うが


443: 無名草子さん 2003/12/26 14:44:00

俺の中では東の横綱「猛き箱舟」、西が「砂のクロニクル」、
東の大関に「山猫の夏」、西に「伝説なき地」って感じかな。

その次が蝦夷地かなぁ。


447: 無名草子さん 2004/01/14 12:34:00

その時メッキーがぶっと屁をした


448: rp 2004/01/22 15:16:00

弓削一徳と灰色熊が戦ったら、どちらが勝つのでしょうか。。。


454: 無名草子さん 2004/02/05 19:12:00

>>448
山猫のほうが強そうだけどなあ。余分な力が抜けていそうだし。
そのかわり勝負に勝って、とどめをさす瞬間に逆転されそう、
ま、その時には灰色熊も死んでいるんですけど。


457: 無名草子さん 2004/02/15 11:20:00

>>448
アマゾン仙次も混ぜれ


449: 無名草子さん 2004/01/28 11:02:00

グリズリーに一票


453: 無名草子さん 2004/02/05 18:21:00

船戸与一ってタイトルが洒落てるよね。


464: rp 2004/02/28 15:42:00

志度正平(神話の果て)&香坂組と壱岐一平(血と夢)&ハルナフリ組が
戦ったら、どちらが勝つのだろうか・・・タランチュラ・・・は!


465: 無名草子さん 2004/02/28 20:25:00

香坂は、心臓食べる前ですか、食べた後ですか

ハルナフリは、母ちゃん首チョンパの前ですか、後ですか


470: rp 2004/03/01 16:36:00

心臓を食べたあとの香坂と断首後のハルナフリ


471: 無名草子さん 2004/03/01 19:54:00

う~ん、どっちも人間捨ててるからなあ(w。


472: 無名草子さん 2004/03/02 01:49:00

人間捨て去り具合と、基礎体力、武器の差で香坂が勝つ。


474: 無名草子さん 2004/03/07 21:38:00

蝦夷地別件やっと読み終えた・・・
すごく揺さぶられた


477: 無名草子さん 2004/03/11 21:06:00

虹の谷の五月、最後でヌきますた。
ヌきどころないかと思って焦ったよ。
毎度のことだけど、ヌいた直後に「ああ、これを書いたのはヒゲヅラのおっちゃんかぁ」
と思うと辛いです。
でもヌけるとこではヌきますけどね、


478: 無名草子さん 2004/03/12 09:10:00

ヌくのかよっ!!


481: rp 2004/03/16 09:59:00

カルナヴァル戦記は、船戸ワールドが凝縮していると
個人的に今でも信じてます。進化版カルヴァナル戦記、期待してます。


505: 無名草子さん 2004/03/29 00:16:00

「夜のオデッセイア」読了。
「黄色い蜃気楼」に続く2冊目だったけど、期待通りにグイグイと力業で引っ張られて
楽しませて頂きました。展開は最後まで予想できませんでしたね。
こんなに面白い作家なのにいまいちメジャーじゃないのは何故なんだろう?
「夜のオデッセイア」も喉ゴクゴク鳴りまくり。小さい子供もゴクゴク。


540: 無名草子さん 2004/04/28 01:55:00

長編もいいけど、漏れが好きなのは
短編「からっかぜの街」

悪役プロレスラーの話なんだけど、ラストあたりで
すごく泣けた
山猫読んだ時はそれほどだったけど、こっちのほうで
船戸ワールドにのめり込んだよ


541: 無名草子さん 2004/05/02 16:23:00

「蝕みの果実」に収録されていた「セレクション・ブルウ」も良い。
野茂投手がメジャー行きする以前の作品だから、尚のこと凄い。


551: 無名草子さん 2004/05/03 08:47:00

船戸やエルロイの作品と比較すると、大沢在昌やチャンドラーなど所詮は「演歌」だ。
「巧い」とは思うけど、ただそれだけ。


552: 無名草子さん 2004/05/03 12:39:00

船戸の方が文体はすっきりしてるし、エルロイみたいにトラウマを抱えていない。
権力に対するスタンスは似ているかな?
船戸はどこかで、「フィリップ・マーローは誰を撃ったのか」と題して、徹底的に
チャンドラーを批判している。
『山猫の夏』の設定は、ハメットの『血の収穫』に似ているね。
まあ、『血の収穫』の設定自体、『ロミオとジュリエット』なんだが・・


554: 無名草子さん 2004/05/03 17:39:00

『猛き箱舟』の初出連載は週刊プレーボーイなんだよな。
あの頃の、プレーボーイは発熱していただろうな。


568: 無名草子さん 2004/05/08 23:24:00

おっちゃんの書籍探してたら、
公明党の神崎代表と対談してる本を発見した。
もしか創価学会にシンパシー感じてるのか?・・・


572: 無名草子さん 2004/05/09 17:00:00

考えすぎだろう。
おっちゃんがシンパシー感じてるのはサパティスタ民族解放戦線だろ?


574: 無名草子さん 2004/05/09 17:24:00

何について対談したんだろう?
さては、女の腹のうえでの泳ぎ方についてか?


575: 無名草子さん 2004/05/09 20:41:00

以下引用

作家の船戸与一氏との「世界の中の日本の生きかた」直木賞作家、
船戸氏との対談は1991年に行われたものですが、“国際国家・日本”の構築
に向けての語らいは今もって新鮮で、多くの示唆に富んでいるものと実感しています。

出版元はどこかわかんない。
中央公論だったような


577: 無名草子さん 2004/05/10 20:20:00

>573
一水会の鈴木クニーとも鼎談してるので
あまり関係ないと思われ


578: 月蝕 ◆zt9pDfR9Uk 2004/05/10 20:54:00

みんな安心しろ。
おっちゃんは上下左右、様々な連中と対談してる。
神崎ごときも、そのうちの一人にすぎない。


580: 無名草子さん 2004/05/12 17:09:00

本人いわく「ワシは宗教なんか持たん」だって。


579: 無名草子さん 2004/05/11 21:41:00

GW中に「金門島流離譚」読了。

1冊に中編の表題作と、短編「瑞芳霧雨情話」の2作入り。
いずれも舞台は台湾。
短めの作品の割にはどちらも佳作。お薦めします。

でもやっぱり船戸は壮大な大長編物語が読み応えがあって好きだな。


582: 無名草子さん 2004/05/15 21:05:00

蝕みの果実(短編集)の中の「からっ風の町」と「コリアタウン」
この2つ面白かったよ。


583: 無名草子さん 2004/05/16 17:05:00

今「新宿・夏の死」読んでる。
おかまが主人公の「夏の渦」が良い、泣ける。


595: 無名草子さん 2004/06/03 23:21:00

居留区の秋は秀逸ですな。
「翼を抜かれた蝶の姿をしってるかい?蛆虫といっしょだよ」


599: 無名草子さん 2004/06/11 23:47:00

会った人は分かると思うけど、ただのスケベおやじだ。


606: 無名草子さん 2004/06/13 07:04:00

>>599
それは酔ってる時だけでしょ。
シラフの時ならきちんと気も遣う、普通にいい人だと思うのだが。
つーか、昼と夜のキャラ違い過ぎw


624: 無名草子さん 2004/06/20 15:57:00

やっぱり、「猛き箱船」は文学史上に残る名作だと思うよ。
男なら読め、女でも読め、サヨなら読め、ウヨならなお読めって感じだな。


650: 無名草子さん 2004/07/02 20:19:00

降臨の群れ、読了しますた。
今回の主人公(といってよいものかわからんが)は、
近年の船戸の長編では見ないタイプだったような。


655: 無名草子さん 2004/07/04 09:07:00

「夢は荒れ地を」はここ数年のベストだよね


658: 無名草子さん 2004/07/05 16:33:00

「降臨の群れ」 読んだ。
「夢は荒れ地を」と同じくらいのおもしろさ。

いつもの調子でみんな死ぬかと思っていたら、よい意味で期待を裏切られた。
各主人公の配置の具合は、そのまま今の日本をはじめとした国家間の
関係の暗喩かと思ったり。

「蝦夷地別件」で(原作にはいないけど)もしもロシア人の視点で見ていたら
こんな感じに話が進むんだろうな、というような印象だった。


675: 無名草子さん 2004/07/17 20:52:00

『夜のオデッセイア』でニンフォマニアの女が出てくるけど
あれは興奮するよね。ああいう女に会って毎日したいよ。
船戸さんのエロシーンが凄く好きです。


676: 無名草子さん 2004/07/17 22:51:00

ハスマイラを手籠めにしたい


678: 無名草子さん 2004/07/26 23:54:00

おっちゃんのあのメキシカンスタイル
どうにかならんのか・・・


679: 無名草子さん 2004/07/27 22:41:00

あの汚そうなジーパンしかズボンは持っていないのだろうか。
取材でも授賞式でもずっとあの格好みたいだ。


731: 無名草子さん 2004/08/14 08:41:00

船戸与一好きだけど高いんだよね分厚い本でさ
だからこれから図書館行って借りてきたいと思います
この何年か受験勉強で読んでなかったから


732: 無名草子さん 2004/08/14 15:54:00

>>731
妙なまねはやめな!
妙なまねはな!


810: 無名草子さん 2004/11/03 16:42:42

私的には
1 「山猫の夏」
2 「猛き箱船」
3 「蛮族ども」
4 「神話の果て」
5 「伝説なき地」
6 「夜のオデッテイア」
7 「銃撃の宴」
8 「砂のクロニクル」
9 「炎流れる彼方」
10「非合法員」

これがベスト10


815: 無名草子さん 2004/11/05 01:17:49

そう言えば長編ベスト○○とかの話題はループで出てくるけど
短編に限ったランキングってなかったんじゃない?

そこで俺にとっての短編ベスト3。
①居留区の秋
②からっ風の街
③アマゾン仙次

いやー3つ選ぶのに相当悩んだw


816: 無名草子さん 2004/11/05 01:29:55

個人的にはガリンペイロがよろしいと思う


817: 無名草子さん 2004/11/05 22:06:01

>>816
そんな生活は終わりにしなきゃならない!!


820: 無名草子さん 2004/11/06 07:08:57

「夜のオデッセイア」に続編があるのなら・・・
アップル・ビリーとオレンジ・ビリーは活躍するだろうか?
ウイスキー・ジョーとブランディ・ジョーはいいキャラだった。


821: 無名草子さん 2004/11/06 10:44:48

>>820
あの続編見てみたいですよねー!
サクサク読めるところが楽しい・・・


822: 無名草子さん 2004/11/11 00:37:06

「夜のオデッセイア」の続編というと「蟹食い猿フーガ」とか「炎流れる彼方」が近いような。
ああいうあっちこっちを仲間と一緒に放浪するのも結構、好きなんだよね。


832: 無名草子さん 2004/11/16 20:29:18

一度読んでみたいと思ってるんだが分厚さに圧倒されて敬遠してたんだよな・・・
なんか短編集みたいのでお勧めはないでしょうか。


835: 無名草子さん 2004/11/17 19:18:14

>>832
分厚さは読んでいくうちに気にならなくなるもんさ。
オレがそうだった。


833: 無名草子さん 2004/11/16 21:50:19

小説ではないけど「国家と犯罪」あれで船戸与一の世界観がある程度掴めそう。
小説の短編集だと……「蝕みの果実」あたりかな? いろんな話が入っているという意味で。
その中の「黄金の眼」の最後は船戸テイスト溢れる終わり方だと思う。


839: 無名草子さん 2004/11/18 04:57:40

このスレッドで船戸与一を擁護してる奴って
やっぱり落合信彦とかも好きなんだろうな。

日本人が海外に行かなかった1960年代ならともかく
いまどき、あんな笑止な海外描写をマジに受ける奴って
貧乏で海外に行く金が無いの?それとも英語が全くダメなの?

この前テレビで
船戸のカンボジア小説の取材
を特集していたが、爆笑ものだった
日本人向けツアーの定番コースとなっている
カラオケバー(もちろん売春付き)を
さも、「一般では立ち入ることの出来ない犯罪の魔窟」
といったナレーションつきで取材をし
いまどきバックパッカーですら、見飽きたといって通り過ぎる
虐殺記念館の前で、「日本人はこのような事実を知らない」といって
高説をたれ
最後は、地雷の除去作業の現場に行って
「既に除去済みの標識の立っている」ところを
足をガタガタ震わせながら歩く。

漏れもカンボジアに行ったが、船戸なんかより
カンボジアに埋没しているペドフィリアオヤジのほうが
よほどハードボイルドだよ。


840: 無名草子さん 2004/11/18 06:58:06

>>839
毎度おなじみペドオヤジ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


841: 無名草子さん 2004/11/18 19:23:34

ネタに突っ込むのは大人げないが。

ペドフィリアのオヤジは弱者を食っている側に立っているんだよな。
ハードボイルドのオヤジは弱者を養護する側に立っているので、立場が全然、違う。
ま、船戸に言わせると「弱者って何だ」ってことになり、そのネタも面白いのだけど、
たぶん、言っても通じないだろうし、船戸の読者なら知っていると思うので省略する。


844: 無名草子さん 2004/11/19 03:06:56

メビウスの刻の刻なんて、カッコイイとおもふ


846: 無名草子さん 2004/11/19 12:43:43

「天国と地獄の鬩ぎあいの中からは、かならず想像を超えた逆抗者が突如として登場してくる」(叛アメリカ史)
船戸が描こうとしているのはこういう人間とそれに絡んでいく人間だろ。

そのためには紛争地域をはじめとした、いわゆる第三世界の方が舞台としては使い易いというだけだよ。


848: 無名草子さん 2004/11/19 20:51:33

映画化するとしたら、どの登場人物にどの役者をあてたらいいかってやらねーか?
えーと、じゃまずはオレから・・・船戸与一には佐藤蛾次郎


849: 無名草子さん 2004/11/20 00:46:31

>>848
>船戸与一には佐藤蛾次郎

それが言いたかっただけとちゃうんかw


854: 無名草子さん 2004/11/23 11:35:17

「新宿・夏の死」のオカマさんがgood。


858: 541 2004/11/24 18:59:18

「蟹食い猿フーガ」ってタイトルがなんかグロテスクっぽいのと
文庫の表紙にやる気がなくて敬遠してたんだけど面白い?


859: 無名草子さん 2004/11/25 01:42:40

>>858
軽くて面白いよ。
B級ロードムービーみたいな感じ。


862: 無名草子さん 2004/11/25 20:23:53

「セメントだね」「うん、セメントだね」
ブランディー・ジョーとウイスキー・ジョーの女性版ですな


863: 無名草子さん 2004/11/25 22:05:42

20世紀に生まれた人間はどこか壊れているんだって
ビッグフォード氏


864: 無名草子さん 2004/11/26 01:10:39

神話の果てに出てくるキャラはカッコイイのが多いね。


865: 無名草子さん 2004/11/28 06:49:22

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20041124id24.htm
★米でモン族男性が6人射殺、「人種侮蔑された」と供述
 【ニューヨーク=河野博子】米ウィスコンシン州北西部でシカ狩りに来ていた
白人の地元住民6人が米国に帰化したラオス出身のモン族男性に撃ち殺された事件が、
米社会に衝撃を広げている。
 事件は、ミネソタ州セントポールの東方160キロにある人口170人の
ウィスコンシン州バーチウッド村で21日の白昼に発生した。ソーヤー郡警察によると、
自らの所有地でシカ狩りを行っていた地元ハンターらが、敷地内に入り込んだ
チャイ・バン容疑者(36)に気づき、立ち去るよう求めた。ところがバン容疑者は
ライフル銃で撃ち始め、43歳から20歳の男性4人、女性1人の5人がその場で死亡、
重傷を負って病院に運ばれた男性1人がその後、死亡した。バン容疑者は逃走したが、
その後、警察に拘束された。
 バン容疑者の正式起訴はまだだが、6件の第1級殺人、2件の殺人未遂で、
拘置請求が行われている。一方、裁判所が23日、公開した文書により、バン容疑者の
供述内容が明らかになった。
 それによると、バン容疑者はシカ狩りをしようと公有地と思いこんで現場に入った
ところ、そこにいた5、6人のグループに囲まれてアジア人を侮べつする言葉を
投げ付けられた。
 容疑者は現場を立ち去ろうとしたが、30メートル離れた時点で振り返ると、うち1人が
持っていた銃で発砲したため、反撃したという。
 バン容疑者は、ミネソタ州内に7万人以上が住むタイやラオスの少数民族、モン族の出身。
容疑者の住むセントポール一帯には、教会関連団体をはじめ受け入れ団体が多いうえ、
食品加工産業など働き口もあるため、モン族人口が集中している。バン容疑者は、
トラック運転手で、6人の子持ち。犯罪歴はない。


866: 無名草子さん 2004/11/28 11:04:38

バンGJ!!

白人の「所有地」って言っても、
ネイティブアメリカンにウィルス入りの毛布配って奪い取った土地だしな。


867: 無名草子さん 2004/11/29 23:08:38

>865
おお、なんか船戸っぽい事件だなあ。
そろそろ、久々に北米を舞台にした話も書いて欲しいな。


869: 『非合法員』を地で行くような事件 2004/11/30 06:59:16

http://ch-k.kyodo.co.jp/17kyodo/backnumber/backnumber2001/job/job39.ht
ml

モン族は本来、中国南部に住む民族だったが、一部がインドシナの山間部に
二百年前から住むようになった。六一年、米国の中央情報局(CIA)に
よってラオス山中に住む数万人が反共の秘密部隊として編成された。わずかな
土地を耕す農民が、当時の近代戦を体験、北ベトナム軍やラオスの共産勢力と
死闘を繰り広げる存在になった。

221 :名無しさん@5周年 :04/11/25 10:40:58 ID:JgImw98M
モン族というのはビルマや中国の雲南省に近いラオス山岳部に主に住んでいる
少数民族。ベトナム・インドネシア戦争中にラオスも共産化することになるわけだが、
アメリカのCIAが山岳部を拠点に少数民族に軍事訓練をして対共産の捨てゴマ
として利用しようとしたんだよ。
しかし、ベトナム・インドシナでアメリカは失敗&撤退。ラオスも共産主義国となり、
かつてアメリカに協力した一部のモン族は国に居づらくなってコネを頼って苦労して
アメリカに渡ったというところから知らないとこの事件の重みが理解できないだろう。

582 :名無しさん@5周年 :04/11/27 23:00:05 ID:68JEVMHz
番組によると、アメリカがモン族との秘密協定があったことを認めたのは、1999年に
なってからだそうだ。アメリカに協力した彼らは、母国ラオスに共産政権ができて
しまったから帰ることはできない。で、その間タイに難民キャンプ作って国連の援助を
受けて生活してきたが、摩擦もあった。アメリカはインドシナ難民として何回か移民
として受け入れていたが、今回タイは難民キャンプの閉鎖を決めた。それを受け
アメリカはタイのイラク派兵を条件に最後の移民受け入れを決めた。ベトナム戦争で
アメリカ兵の犠牲は5万8千、モン族の犠牲は20万。イラクでもモン族出身アメリカ兵が
死んでいる。映像の20世紀じゃないが「民族の悲劇果てしなく」だな。


873: 無名草子さん 2004/12/05 13:44:23

>>869

CIAからラオスに派遣されて、モン族の王になったトニー・ポーの話だな。
リアル版カーツ大佐だね。


871: 無名草子さん 2004/12/01 02:41:50

初船戸が神話だったんできつかった覚えがある
話は面白いんだが殺人シーンはきついわこの人


868: 無名草子さん 2004/11/29 23:27:32

「黙らないかゴンザレス。
誰にだって何らかの事情はある。」


896: 無名草子さん 2005/01/01 16:10:46

午後の行商人は不思議なラストだったなぁ
どこからどこまでが真実だったんだろうか


899: 無名草子さん 2005/01/07 00:20:47

同じ日本人として恥ずかしい限りだよな。
蝦夷のみんなごめんよ、俺があの時生きていたら
彼等の為に松前藩主ぶっ殺してやってたのに


900: 無名草子さん 2005/01/07 23:41:30

アイヌの女が超エロイんですが


908: 無名草子さん 2005/01/19 19:40:13

船戸作品にアメリカインディオの状況が描かれていたが今現在もインディオって迫害されてるね。
まともな職につけなくてアル中→自殺ってのが多い


909: 無名草子さん 2005/01/19 22:08:03

>>908
とりあえず、インディアン、インディオ。インディヘナを使い分けることができるようになろう。


910: 無名草子さん 2005/01/21 00:53:15

砂のクロニクルで作者の微妙な心情があらわれてた。
在日が断腸の思いで北朝鮮の政治体制を批判するのに似たような感じで、
船戸自身も革命という甘美な響きに憧憬みたいな物を持ってたんだが、その当時のイラン国内情勢を
見る限りではどうしようもない腐敗が起こってて、まだ希望は捨てたくないけど批判せざるを得ない感覚が
サミルセイフを通じてヒシヒシと伝わってきた。
 
チラシの裏スマソ


912: 無名草子さん 2005/01/21 16:56:26

>>910
恋愛と同じで、お互いラブラブのハッピーエンドじゃ
お粗末なおのろけオナニー話にしかならないわけよ。
革命に失敗、大義に失望、人民に裏切られるから
いいわけさ。


911: 無名草子さん 2005/01/21 05:52:02

ステファン・マホウスキがアイヌ達への銃器搬入に成功していたら・・・


913: 無名草子さん 2005/01/21 16:59:57

革命家は革命が成功した時点で死ぬのが
一番いい的なことも言っているしね。
権力者になっちゃうと必ず腐敗するから。
悲壮感漂う永久叛逆の美学みたいなの
がテーマなんでしょう。


914: 無名草子さん 2005/01/25 21:27:21

芥子の花が散った。花びらはメコンの川を流れていった


917: 無名草子さん 2005/01/29 12:24:09

この人の小説って主人公死亡率はどのくらいになるんだろ


923: 無名草子さん 2005/02/08 16:43:41

>>917
95%くらいかな。ちなみに「降臨の群れ」は死ななかった。


918: 無名草子さん 2005/01/30 22:02:39

「砂のクロニクル」とか「蝦夷地別件」で前半が良くて後半イマイチという意見はよく理解できません.前半の方が後半の本当に言いたい部分に説得力を持たせるためのネタフリというか土台作りのように思えます.


919: 無名草子さん 2005/01/30 23:08:45

「山猫の夏」「猛き箱舟」ってどっちかというと単純な冒険アクションだし。
複雑な社会問題を背景にいろんな思想というか情念のようなものがうずまく
「砂のクロニクル」「蝦夷地別件」とはちょっと違うような気がする。


920: 無名草子さん 2005/01/31 11:21:39

>>919
歴史とか国際情勢に疎い奴は面白くないっていうんだろうね


921: 無名草子さん 2005/01/31 15:40:23

疎いか疎くないか、じゃなくて興味があるか、ないか、だと思うけど。


922: 無名草子さん 2005/02/06 11:26:36

俺は舟戸には娯楽以上のものは求めてないよ。


924: 無名草子さん 2005/02/08 16:47:32

船戸作品を完全制覇してしまったら次までのつなぎに何を読んだらよろしいか?
馳星周は暇つぶしに読んでますが。


925: 無名草子さん 2005/02/08 17:30:50

>>924
豊浦志朗かな、やっぱし


927: 無名草子さん 2005/02/10 16:21:24

つなぎに読む本に何を求めているのか? それが大事だ。
船戸与一の濃さを他の作者に求めるとちょっと難しい。
似たような傾向でいいなら、何人かいるかもしれないけど、それは過去に上がっている。
あまりの濃さにくらくらきていて、息抜きしたいなら、
適当に買ってくればいいんじゃないかと。
さらに船戸の世界にどっぷりつかりたいなら、
IRAとかサパティスタ、70年代の反政府運動に関するドキュメントを読んでから、再読する。


937: 無名草子さん 2005/02/15 22:02:35

猛き箱舟でさ、夢に出た箱舟と小舟の絵を孫が描くんだけどさ、
なんで?どういう意味があるの?
分かんなかった。


938: 無名草子さん 2005/02/18 20:49:38

解釈は人それぞれだから、どれが正解ってのはない気がするけど。

箱船とは何の象徴なのか? 箱船に乗っていた人間はどうなっていったか?
俺はそこらへんのことなのかな、と思っている。


940: 無名草子さん 2005/02/25 20:07:13

このひとの本って主人公以外外人ばっか登場するから映像化は難しそうだね


944: 無名草子さん 2005/03/01 01:35:02

緋色の時代読了。
クライマックスがちょっと急ぎすぎかなという気がした。
あれだけの主要登場人物があったら、やっぱ蝦夷地~ぐらいの量が
いるんじゃないかなあ。最初から2・3人少なくてもよかったとも言えるけど。

ラストは意外。なんか船戸作品には珍しく続編が書けそうなヒキだった。


947: 無名草子さん 2005/03/04 08:32:08

船戸を読んだあと、つなぎに落合信彦を読むと、うす甘さにげんなりするな。


948: 無名草子さん 2005/03/05 10:57:06

「夢は荒れ地を」にあまりに衝撃を受け、
カンボジアに行こうと決意して3日前まで行ってきました。
1ヶ月ほどの滞在でしたが、なかなか小説の描写に近いなぁ・・・という印象を持ちました。
小説の中で出てくる「パイリン」というところには行けなかったので、
次回は是非行ってみようと思っています。

スレ違いなのでsage


956: 無名草子さん 2005/03/22 07:15:43

マラッカ海峡の海賊の事件で、「水面下の」とか聞くと
灰色熊みたいのが暗躍したのかなと思ってしまう。
ま、銃撃戦とかはないかと思うけど、
少なくとも外務省での仕事ではないのではないかと。


957: 無名草子さん 2005/03/22 08:21:08

欺瞞としての戦後体制が、この灰色熊を必要としたのだ!


960: 無名草子さん 2005/03/23 15:23:29

かくも短き眠りってもしかしてあんまり評価高くない?


961: 無名草子さん 2005/03/23 17:38:13

俺は好きだけどね。世間の評価は知らないや。


962: 無名草子さん 2005/03/28 16:48:16

「夢は荒れ地を」読了。主人公カッコ良すぎ。こんな日本人絶対いない。
でも涙ぐんで読んでた俺。


963: 無名草子さん 2005/03/31 23:54:23

夢は荒れ地を はかなりかっこいいですよね!
お気に入りですー、船戸のあとに違う作家の本読むと、物足りない気がするなぁ。


965: 無名草子さん 2005/04/09 09:43:41

緋色の時代、当初は舞台がロシアで入りにくかったけど、かなりおもしろいわ。私の中では
虹の谷の五月、蝦夷地別件に次いでベストスリー入り!


967: 無名草子さん 2005/04/16 09:55:26

「夢は荒れ地を」面白かった!俺も地雷撤去してげらげら笑ってみたいぜ!
船戸読むようになってからビールやめてウイスキー飲むようになった。


968: 無名草子さん 2005/04/16 20:06:32

カイピリンガをくれ! レモンを多めに搾って、砂糖は抜きでな!


970: 無名草子さん 2005/04/18 00:59:51

次スレはまだか?
喉もこころも乾ききっているんだが。


引用元: 船戸与一

スポンサーサイト




[ 2015/03/26 09:00 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハーン

Author:ハーン
FC2ブログへようこそ!

当ブログはリンクフリーです。 また相互リンク・相互RSS 随時募集中です。 相互RSSなしの相互リンクのみでもOKです。 希望される方は下記メールフォームよりご連絡ください。 トップ絵も大募集中です!どなたか恵んでやってください・・・
最新記事
2chまとめ
検索フォーム
人気ページランキング
リアルタイム市況
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング






にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(芸能)へ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。